不注意

発達障害の一つである、
ADHDの症状の一つである、不注意に
ついて詳しく見ていきたいと思います。

ADHDを始めとする発達障害は子どもの
健康診断で見つかる場合が多いです。

子どもの不注意ではどのような症状が
あるのでしょうか。

子どもで症状が顕著に見られるのは
学校の場合がほとんどです。
集団行動が多いため
不注意による不都合が起こりやすいです。

例えば、授業での課題、
遊びで注意を持続
できない場合があります。

他の子どもと鬼ごっこをしていたとき、
虫を見つけていつの間にか虫探しになる
子どももいます。

また黒板にたくさん書かれている場合
どの文字に注目すればよいか分からなく
なることもあります。

このように、不注意の症状
学校生活に支障をきたすことが多いです。

大人になってからでも不注意の症状
見られることがあります。

特にADHDの女性に多くみられます。
例えば、家事で部屋の片づけをするのが
難しい場合があります。

たくさんの物が刺激となって
どれに注意すればよいのか
分からないのです。

大人の発達障害が注目されるきっかけ
になったのも、不注意の症状がある
ADHDの大人でした。

このように、不注意の症状は子どもでも
大人でも悪影響を及ぼします。

症状を改善する方法として、刺激となる
物を少なくする、見通しを立てるなどが
考えられます。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!ADHD:注意・欠陥多動性障害の関連記事
  • category
    ADHD:注意・欠陥多動性障害

    発達障害には様々な種類があり、それぞれ で症状が異なります。各種類ごとに症状 について考えてみたいと思います。 まずADHDです。正確には 「注意・欠陥多動性障害」と言われます。 「注意」「衝動性」「多動性」の 3つの特徴があります。

  • category
    ADHD:注意・欠陥多動性障害

    発達障害のADHDの症状の 一つである多動性について 見ていきたいと思います。 多動性には どのような症状があるの でしょうか。 子ども、大人に共通する症状として 興味のあることに対しては過剰に しゃべり続けることがあります。

  • category
    ADHD:注意・欠陥多動性障害

    発達障害の一つ、ADHDの症状に ついて見ています。不注意と多動性 の症状は以前に見ていきました。 衝動性ではどのような症状がみられるの でしょうか。 例えば、相手が話しているにも関わらず 途中でさえぎって話し始めます。