多動性

発達障害のADHDの症状の
一つである多動性について
見ていきたいと思います。

多動性には
どのような症状があるの
でしょうか。

子ども、大人に共通する症状として
興味のあることに対しては過剰に
しゃべり続けることがあります。

例えば、自分の好きな電車の話
事細かくしゃべるということがあります。

相手が興味があろうとなかろうと関係なく
どんどん話続けます。一方的な
コミュニケーションのため
人間関係に支障が出てきます。

大人では職場の同僚に対しても一方的な
コミュニケーションとなるため
長く働き続けることが困難になります。

遊びでは、高い所に登るといった症状
が出てきます。校庭にある木の頂上に
登ったりジャングルジムの一番上まで
登ることが多いです。

また、一つの場所にとどまらず
常に体を動かすような
子どもも見られます。

大人の場合は会議中でも手足を動かして
いる人もいます。

多動ではこのような症状が出てきますが
活発な子どもでは多かれ少なかれ見られる
ことです。

ADHDかどうか見分けるポイントとして
幼少期から症状がみられる、不注意の症状
も見られるなどがあります。

不注意の症状と比べると行動に出やすい
ため発見されやすいと言えますが
対策を立てないと社会的不利
受けやすくなります。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!ADHD:注意・欠陥多動性障害の関連記事
  • category
    ADHD:注意・欠陥多動性障害

    発達障害には様々な種類があり、それぞれ で症状が異なります。各種類ごとに症状 について考えてみたいと思います。 まずADHDです。正確には 「注意・欠陥多動性障害」と言われます。 「注意」「衝動性」「多動性」の 3つの特徴があります。

  • category
    ADHD:注意・欠陥多動性障害

    発達障害の一つである、 ADHDの症状の一つである、不注意に ついて詳しく見ていきたいと思います。 ADHDを始めとする発達障害は子どもの 健康診断で見つかる場合が多いです。 子どもの不注意ではどのような症状が あるのでしょうか。

  • category
    ADHD:注意・欠陥多動性障害

    発達障害の一つ、ADHDの症状に ついて見ています。不注意と多動性 の症状は以前に見ていきました。 衝動性ではどのような症状がみられるの でしょうか。 例えば、相手が話しているにも関わらず 途中でさえぎって話し始めます。