閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人間関係
  2. アスペルガーと仕事
  3. 仕事と発達障害
  4. 大人の発達障害について
  5. その他の症状
  6. 行動面での症状
  7. 心理面での症状
  8. 2次障害とは
  9. コミュニケーションの障害
  10. 対人関係の障害
閉じる

発達障害のことをまずは知ろう!

カテゴリー:ADHD:注意・欠陥多動性障害

発達障害の一つ、ADHDの症状について見ています。不注意と多動性の症状は以前に見ていきました。衝動性ではどのような症状がみられるのでしょうか。例えば、相手が話しているにも関わらず途中でさえぎって話し始めます。順番を守れない…

発達障害のADHDの症状の一つである多動性について見ていきたいと思います。多動性にはどのような症状があるのでしょうか。子ども、大人に共通する症状として興味のあることに対しては過剰にしゃべり続けることがあります。例えば…

発達障害の一つである、ADHDの症状の一つである、不注意について詳しく見ていきたいと思います。ADHDを始めとする発達障害は子どもの健康診断で見つかる場合が多いです。子どもの不注意ではどのような症状があるのでしょうか。子…

発達障害には様々な種類があり、それぞれで症状が異なります。各種類ごとに症状について考えてみたいと思います。まずADHDです。正確には「注意・欠陥多動性障害」と言われます。「注意」「衝動性」「多動性」の3つの特徴があります。…

PR

ピックアップ記事

  1. 大人の発達障害の場合でも人間関係に起因する症状は多く見られます。子どもの場合は、「子どもだ…
  2. 大人の発達障害で起こりやすい症状についてみています。今回は、アスペルガー症候群の症状にあっ…
  3. 今回から、大人の発達障害の 症状についてみていきます。大人では、主に仕事で症状が見られます。 多様…
  4. 最近では、大人の発達障害が注目されています。職場や生活で様々な症状が起き、発達障害と診断されてい…
  5. 発達障害の二次障害の症状について見ています。今回は、行動面や心理面以外の症状について書いていき…
ページ上部へ戻る