アスペルガー

広汎性発達障害の症状の一つに、
アスペルガー症候群があります。

アスペルガーという人が発見したことから
彼の名前と取ってアスペルガー症候群
名づけられました。どのような症状
見られるのでしょうか。

一つは、コミュニケーション能力
大きな特徴が見られます。

例えば、風呂にお湯を貯めている状況で
「風呂の様子を見に行ってほしい」
と言われたとします。

すると風呂にお湯が溜まる様子をじっと
みているということが起こります。

一般的には「風呂を見に行く」ことは
「風呂のお湯が溜まっていたらお湯を止める」
ことを意味します。

しかし、発達障害に人の場合、
言葉通りに理解してしまう傾向
にあります。

似たような症状として、
あいまいな言葉が苦手
いうことがあります。

例えば、「ここ」や「あれ」などの
代名詞がなかなか理解できないという
ことがあります。

そのため、アスペルガーのある人
対しては具体的に分かりやすい言葉で
伝えると良いです。

他の症状として、
極端なこだわりがあります。

例えば、ルールを破った人を許せない
決まった道でしか登校できない
などがあります。

ルールを守るという長所といえますが
融通が利かないという短所とも言えます。

特に思春期以降、
人間関係があいまいなものとなるため
トラブルになることが
多く見られます。

広汎性発達障害の中に
アスペルガー症候群が含まれますが、
3つぐみの症状が
やや弱いことが特徴と言えます。

アスペルガーではさらに細かく分類
できます。続けて考えていきます。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!広汎性発達障害の関連記事
  • category
    広汎性発達障害

    広汎性発達障害の症状に ついて見ていきます。 広汎性発達障害とは、高機能自閉症や アスペルガー症候群、レット症候群などが 該当します。

  • category
    広汎性発達障害

    発達障害の一つ、 アスペルガー症候群では 症状ごとにさらに分類ができます。 3つどもえの症状は共通していますが 行動の違いによって分けられています。 まずは「積極奇異型」 について見ていきます。

  • category
    広汎性発達障害

    発達障害の一つ、アスペルガー症候群の 症状に受け身型があります。 積極奇異型とは逆のタイプで、何を 言われてもあまり反応がなく ニコニコとしている人です。

  • category
    広汎性発達障害

    発達障害の一つ、 アスペルガー症候群の 症状に孤立型があります。 積極奇異型や受け身型とはどのように 症状が異なるのでしょうか。 まず積極奇異型と異なる点は相手に 対しての働きかけがほとんどないこと です。

  • category
    広汎性発達障害

    発達障害のアスペルガー症候群のタイプ、 最後は大仰型について見ていきます。 修行僧のような雰囲気で、誰に対しても 敬語を使ったりマイペースな言動をする ことが多いです。 例えば、小学生なのに 同級生に対して 敬語を使います。