閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人間関係
  2. アスペルガーと仕事
  3. 仕事と発達障害
  4. 大人の発達障害について
  5. その他の症状
  6. 行動面での症状
  7. 心理面での症状
  8. 2次障害とは
  9. コミュニケーションの障害
  10. 対人関係の障害
閉じる

発達障害のことをまずは知ろう!

大人のLD

発達障害のLDには、大人になってから
顕著になる症状もあります。

大人のLDの場合、大きく2つに分かれます。
①大人になってからLDが分かる場合
②幼少時にLDと診断されて大人になる場合

まず、①について見ていきます。
この場合、仕事などで症状が出て
発達障害の疑いが出る場合がほとんどです。

具体的には聞き取りが難しい、融通が利かない
仕事がなかなか覚えられない、
人間関係で困難が見られる、
などがあります。

就職試験では問題は見られなかったのに
いざ働きだすと簡単な仕事でミスをする
ことがあります。

最近では、発達障害の認知度
高まってきています。
仕事でトラブルが続く場合、
周囲が発達障害を疑うこともあります。

発達障害のような症状がみられる場合、本人は
どのようにすればよいのでしょうか。

都道府県には
必ず発達障害者支援センターがあり、
相談の窓口になっています。

発達障害の診断は難しいため、症状かもしれない
自己判断はしないようにします。

LDの症状はなくすことはできないためうまく
付き合うことが大切です。

発達障害の症状と仕事がうまくマッチングして
いないこともあるため、仕事内容周囲から
のサポートをうまく考えていくことが大切です。

大人になってからLDが分かる場合、症状が
重くなり二次障害が見られることもあります。

発達障害の症状だけでなく、
生活全体の支援も大切になります。

次回は、②の場合について見ていきます。

関連記事

  1. 大人のLD2

  2. 子どものLD

  3. ディスレクシア

  4. LDとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

ピックアップ記事

  1. 大人の発達障害の場合でも人間関係に起因する症状は多く見られます。子どもの場合は、「子どもだ…
  2. 大人の発達障害で起こりやすい症状についてみています。今回は、アスペルガー症候群の症状にあっ…
  3. 今回から、大人の発達障害の 症状についてみていきます。大人では、主に仕事で症状が見られます。 多様…
  4. 最近では、大人の発達障害が注目されています。職場や生活で様々な症状が起き、発達障害と診断されてい…
  5. 発達障害の二次障害の症状について見ています。今回は、行動面や心理面以外の症状について書いていき…
ページ上部へ戻る