閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人間関係
  2. アスペルガーと仕事
  3. 仕事と発達障害
  4. 大人の発達障害について
  5. その他の症状
  6. 行動面での症状
  7. 心理面での症状
  8. 2次障害とは
  9. コミュニケーションの障害
  10. 対人関係の障害
閉じる

発達障害のことをまずは知ろう!

2次障害とは

発達障害の症状の中には、
発達障害の特性から来ている症状ではなく、
周囲の不適切な関わり
原因の症状がみられることがあります。
これを2次障害と呼びます。

なぜ2次障害が起こるのでしょうか。

発達障害にはコミュニケーションの障害
こだわりなど、特異な症状が見られます。

健常者は驚き、不快を示すことも少なく
ありません。場合によっては
非難したり排斥したりします。

この際、発達障害のある人が一方的に
非難・排斥されると
自分に自信を持てなくなります。

また、ストレスによる不満を外部に向けたり
自分に対して向けるようになります。

この時に起きる症状が2次障害となります。

例えば、あるLDの子どもは算数だけが
極端に苦手で、いつも低い点数です。

先生はいつも叱るようになり、周囲の子ども
もからかうようになります。

すると、子どもは
「どうして算数だけできないのだろう」
と辛い気持ちになります。

悩むだけでなく、不登校非行などを
するようになりました。

この場合、不登校や非行は
発達障害が直接の原因ではなく、
間接的な要因となっています。

不登校や非行だけでなく、ひきこもり
や睡眠障害、自傷行為など様々な
症状が見られます。

2次障害までも起こしている場合
2次障害の症状からケアしていく
ことになります。

次回からは、詳しく見ていきたいと
思います。

関連記事

  1. その他の症状

  2. 心理面での症状

  3. 行動面での症状

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

ピックアップ記事

  1. 大人の発達障害の場合でも人間関係に起因する症状は多く見られます。子どもの場合は、「子どもだ…
  2. 大人の発達障害で起こりやすい症状についてみています。今回は、アスペルガー症候群の症状にあっ…
  3. 今回から、大人の発達障害の 症状についてみていきます。大人では、主に仕事で症状が見られます。 多様…
  4. 最近では、大人の発達障害が注目されています。職場や生活で様々な症状が起き、発達障害と診断されてい…
  5. 発達障害の二次障害の症状について見ています。今回は、行動面や心理面以外の症状について書いていき…
ページ上部へ戻る