アスペルガーと仕事

大人の発達障害で
起こりやすい症状について
みています。

今回は、アスペルガー症候群
症状にあった
仕事について見ていきます。

アスペルガーでは知的には遅れがない代わりに
コミュニケーション、こだわり、人間関係
の分野で症状が見られます。

つまり、人間関係が複雑で状況に合わせて
判断していかないといけない仕事では
症状がマイナスに働きがちになります。

症状と合わない仕事に就くと、
早い段階で退職してしまうか、
続いてもストレスが多い状態になります。

症状ばかり目立ちますが、
パターン化したことは得意、
ルールをしっかりと守る
といった特徴があります。

例えば、コンピューター関連の仕事、
自動車整備士、ゲームクリエーター、
図書館員などの仕事は、
アスペルガーの症状を活かせる
と考えられます。

このように、1つのものに集中できる利点
活かした職場選びが大切です。

アスペルガー症候群の大人では、
生活面ではどのような症状が
あるのでしょうか。

まず、なんらかの
こだわりをもっていることが
多いです。

例えば、私の知り合いには戦車が好きで戦車の
名前から製造番号まで知りつくしている人が
います。

趣味だけにとどまらず、
詳しい情報を知っている
人が多いです。

次に、パターン化されていることを好むので
仕事の日の過ごし方休日の過ごし方が一定
人がいます。

アスペルガーの症状とうまく付き合いながら
社会生活を送っている人は多いです。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!大人の発達障害の関連記事
  • category
    大人の発達障害

    今回から、大人の発達障害の 症状についてみていきます。 大人では、主に仕事で症状が見られます。 多様な能力が求められるため、苦手と 得意なものがはっきりとしている発達障害 では、症状が出やすいからです。

  • category
    大人の発達障害

    大人の発達障害の場合でも 人間関係に起因する 症状は多く見られます。 子どもの場合は、 「子どもだから仕方がない」「義務教育だから」 などの理由で多目に見られる傾向にありますが、 大人の場合、仕事や生活に悪影響を 及ぼしがちです。