人間関係

大人の発達障害の場合でも
人間関係に起因する
症状は多く見られます。

子どもの場合は、
「子どもだから仕方がない」「義務教育だから」
などの理由で多目に見られる傾向にありますが、
大人の場合、仕事生活に悪影響
及ぼしがちです。

例えば、ADHDの成人の場合、
人の話をうまく聞けなかったり、
友人関係を作ったり維持するのが
苦手な人がいます。

仕事をしながら人の話を聞くとなると、
複数の行為をしないといけなくなるため
難しくなります。

また、衝動性の症状が強い
怒ったときに手が出たり
悪口が出やすい人もいます。

このような
コミュニケーションの苦手さから
友人関係を維持していくのが難しくなります。

学習障害のある人の場合、金銭管理が苦手だったり
文章がうまく読めないといった症状から
人間関係に悪影響が出てきます。

例えば、家事での買い物では
お金を計算して買い物をしないといけませんが、
計算が苦手であることから
たくさんの買い物をしてしまいます。

その結果、家計に影響し
家族との関係が悪く
なる場合があります。

このように、発達障害の症状
人間関係にも悪影響が出やすいです。

大人になると、
どうしても支援が行き届きにくく
一人で抱え込みがちです。

当事者会に参加する、
発達障害者支援センター
相談するなど症状を抱え込まない
ことが大切です。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!大人の発達障害の関連記事