閉じる
閉じる
閉じる
  1. 人間関係
  2. アスペルガーと仕事
  3. 仕事と発達障害
  4. 大人の発達障害について
  5. その他の症状
  6. 行動面での症状
  7. 心理面での症状
  8. 2次障害とは
  9. コミュニケーションの障害
  10. 対人関係の障害
閉じる

発達障害のことをまずは知ろう!

知ることでできる対策

広汎性発達障害の症状には大きく3つあります。今回はそのうちの一つ、対人関係の障害についてみていきます。字の通り、人間関係で問題が起きやすく周囲から見て分かりやすいと言えます。まず視線が合いにくく、物事を共有するのがとても苦…

発達障害の中でも大きな部位を占めている広汎性発達障害の症状について見ていきます。広汎性発達障害とは、自閉症や高機能自閉症、レット症候群、特定不能の自閉症などを含めたものです。症状の大きなものとしては、3つ組があります。…

発達障害の中には、症状から特別な名前がついているものもあります。のそ代表的なものとしてディスレクシアがあります。ディスレクシアとは、LDの一つで読み書き障害とも言われます。字の通り、読み書きに困難が見られる障害です。発達障…

発達障害の一つ、大人のLDの症状についてみています。今回は、②の幼児期にLDと診断されて大人になった場合について見ていきます。まず、問題となるのは大学生活です。高校の時とは状況が異なるために様々な症状が起きやすくなりま…

発達障害のLDには、大人になってから顕著になる症状もあります。大人のLDの場合、大きく2つに分かれます。①大人になってからLDが分かる場合②幼少時にLDと診断されて大人になる場合まず、①について見ていきます。この場合、仕事な…

発達障害の一つ、LDの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。LDは学業上において困難が見られるため学校に通っている子どもで困難が見られます。例えば、計算において困難が見られる場合算数の時間がとても苦痛に感じます。…

発達障害の症状の中にはLDが由来しているものがあります。LDとは「ラーニングディスアビィリティ」ということで学習障害とも言われます。字の通り、読み書きや計算、発音など勉強に関係する特定の機能が極端に低いのです。例えば、書…

発達障害のアスペルガー症候群のタイプ、最後は大仰型について見ていきます。修行僧のような雰囲気で、誰に対しても敬語を使ったりマイペースな言動をすることが多いです。例えば、小学生なのに同級生に対して敬語を使います。発達障害…

発達障害の一つ、アスペルガー症候群の症状に孤立型があります。積極奇異型や受け身型とはどのように症状が異なるのでしょうか。まず積極奇異型と異なる点は相手に対しての働きかけがほとんどないことです。たとえ自分が好きな相手に対…

発達障害の一つ、アスペルガー症候群の症状に受け身型があります。積極奇異型とは逆のタイプで、何を言われてもあまり反応がなくニコニコとしている人です。問題行動はないためあまり目立ちませんが発達障害の症状はあるため大人まで見過ご…

さらに記事を表示する

PR

ピックアップ記事

  1. 大人の発達障害の場合でも人間関係に起因する症状は多く見られます。子どもの場合は、「子どもだ…
  2. 大人の発達障害で起こりやすい症状についてみています。今回は、アスペルガー症候群の症状にあっ…
  3. 今回から、大人の発達障害の 症状についてみていきます。大人では、主に仕事で症状が見られます。 多様…
  4. 最近では、大人の発達障害が注目されています。職場や生活で様々な症状が起き、発達障害と診断されてい…
  5. 発達障害の二次障害の症状について見ています。今回は、行動面や心理面以外の症状について書いていき…
ページ上部へ戻る